ハウススタジオのイメージ画像

ハウススタジオってなに?押さえておきたい基本について

堀 基晴ほりもとはる

撮影スタジオの代表的な形態である、ハウススタジオ。様々な撮影で活用されています。

ハウススタジオについては、なんとなくイメージできる方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、どんなものがハウススタジオに当たるのか、具体的に把握している方は、意外と少ないかもしれません。

今回は、ハウススタジオについて、知っておきたい基本をお伝えしていきます。

そもそもハウススタジオとは

そもそもハウススタジオとは、どんなスタジオなのでしょうか。

ハウススタジオをネットで調べてみると、「雑誌や番組制作などの撮影のために使う建物」と紹介されていることが多いです。WHITEPANDAでは、ハウススタジオを、「雑誌や番組制作のために使う建物」かつ「白ホリではないスタジオのこと」と定義しています。

一軒家がまるごとスタジオになっていたり、マンションの一室がスタジオになっているのがハウススタジオです。家具や雑貨がそろえられている場合が多く、世界観が定まっている場合には、その表現に大きな効果を発揮します。

特定の世界観を表現するために、ハウススタジオを利用すると、改めてセットを組む必要がないため、時間やお金といったコストを削減することが可能となります。

どんなスタジオがあるのか

ハウススタジオには、スタジオごとに様々なバリエーションが存在します。

主に、コンセプトロケーションでスタジオごとの特徴を捉えることができます。

コンセプト

ハウススタジオには、様々なコンセプトが存在しています。改めてセットを組まずに、いろんな世界観を表現できるのがハウススタジオの魅力です。

大抵の場合、あるコンセプトに基づいて、ハウススタジオは作られています。

そのコンセプトは多岐にわたります。洋風、和風、アメリカン、ヨーロピアン、地中海、アジアン、レトロ、リゾート…などなど、ハウススタジオは豊富な種類のコンセプトが存在しています。

日本の一般的な住宅、中世のヨーロッパ風、カフェを模しているものや実際に利用されている工場など、様々な撮影に対応することが可能です。

多くのコンセプトがあり、手軽に求めている世界観の中で撮影ができることが、ハウススタジオのひとつの魅力です。

ロケーション

ハウススタジオでは、屋外スペースでの撮影を行うこともあります。そのため、ロケーションも重要な要素です。

海や湖に隣接していたり、山のふもとに位置していたり、街並みが一望できたりと、ロケーションだけでも多種多様なバリエーションがあります。

窓から見える風景で、写真の印象が変わるケースもあり、ロケーションはハウススタジオのバリエーションとして、非常に重要な要素です。

ハウススタジオ利用の注意点

ハウススタジオを利用する際には、以下の2点に注意しましょう。

  • 規約のイメージ規約
  • 機材のイメージ照明機材

規約と照明機材の注意点について、それぞれ見ていきましょう。

規約

ハウススタジオは、白ホリスタジオに比べて、規約で制限されている撮影方法が多い傾向にあります。場合によっては、予定している撮影が禁止されていることもありますので、規約の内容には十分注意するようにしましょう。

ハウススタジオの中には、重要な建物として文化財に登録されているものもあります。規約を破り、貴重な建物に傷をつけてしまわないように気をつけましょう。

照明機材

ハウススタジオは、撮影に特化した白ホリスタジオとは違い、照明機材を制限しているケースがあります。

特に、最大電気容量の観点から、照明機材の制限が行われていることが多いです。ハウススタジオでは、一般的な住宅と同程度の最大電気容量であることが多く、電気をたくさん消費する特殊な照明機材などは、安全を確保するために使用ができないケースがあります。

ブレーカーが落ちたり、機材の故障、最悪の場合は火災が起こってしまう危険性もあります。きちんと確認した上で、機材を利用するようにしましょう。

まとめ

ハウススタジオは、今回紹介したように、コンセプトやロケーションが様々で、活用することで写真の表現の幅を広げることができます。

注意点にも気を配りながら、ハウススタジオを利用してみてください。

この記事を書いたひと

ほりもとはる
ほりもとはる

動画制作者。企業プロモーション動画や書籍紹介動画など、主にSNSで使用される動画制作を得意としている。オンラインサロンの『箕輪編集室』ではイベントのオープニング動画などを担当。
制作実績:LIXILモデルルーム紹介動画・書籍紹介動画(幻冬舎/ダイヤモンド社)・花王『PAF』PR動画など。

ハウススタジオってなに?押さえておきたい基本について