白ホリスタジオの画像

ホリゾントスタジオとは?知っておくべき基本と注意点について

堀 基晴ほりもとはる

レンタル撮影スタジオについて検索していると、「ホリゾントスタジオ」という言葉をよく目にするかと思います。

「ホリゾント」という言葉は聴き慣れないものかと思いますが、写真に関わる人は、知っておいて損はない言葉の一つです。

今回はそんな「ホリゾント」や「ホリゾントスタジオ」について、言葉の定義や特徴など、基本となる内容をご紹介していきます。

ホリゾントスタジオとは

ホリゾントスタジオのイメージ画像
床と壁のつなぎ目が緩やかな曲線であるのがホリゾントスタジオの特徴

スタジオについて検索していると、よく目にする「ホリゾント」という言葉。ほとんどの場合、「ホリゾントスタジオ」というようにスタジオとセットで登場していると思います。

ホリゾントスタジオとはどういうスタジオなのか。

一般的には、「外光を遮断し、床と壁面のつなぎ目が緩やかな曲線でつながっている」スタジオのことをホリゾントスタジオと呼びます。

大抵のホリゾントスタジオは、壁面が白で塗られており、白ホリスタジオと呼ばれます。

ホリゾントとは

ホリゾントは、ドイツ語で水平を表す「Horizont」が言葉の由来ですが、撮影業界では先ほど紹介した「外光を遮断し、床と壁面のつなぎ目が緩やかな曲線でつながっている」という形で定義されています。

アールホリゾントとは

ホリゾントスタジオの中には、アールホリゾントと呼ばれるスタジオがあります。この「アール(R)」とは半径を意味する「Radius」に由来する、壁からの半径距離の単位です。スタジオのサイズにもよりますが、ほとんどの場合、600〜900Rが基本的な曲面のサイズになります。だいたい半径1〜2mです。

なぜホリゾントスタジオでは床と壁のつなぎ目を緩やかにつないでいるのでしょうか?

白ホリスタジオで撮影された男の子の写真
アールホリゾントのスタジオは床と壁のつなぎ目が分かりにくい

それは床と壁のつなぎ目に影が出来にくいからです。影が出来にくいことによって、広い空間を表現でき、またバックペーパーや布バックなどをわざわざ用意する必要がなくなります。

外光を遮断して、ライティングで光を表現するメリットをしっかりと享受できるのが、このアールホリゾントスタジオなのです。

2面Rホリゾント、直角ホリゾント

ホリゾントスタジオは、アール部分が正面だけの1面Rホリゾントが基本となります。ですが中には、左右どちらかの壁もアールになっている2面Rホリゾントや、左右どちらもアールになっている3面Rホリゾントのスタジオも存在します。

2面Rホリゾントスタジオの画像
2面Rホリゾントだと正面と側面の壁のつなぎ目も緩やかな曲線になる

特殊な例ですと、天井もアールになっているドームスタジオなどもあります。車の撮影など、天井も写る撮影で使用されています。

また、床と壁の境界部分がアールになっていない直角ホリゾントというスタジオもあります。アール部分がないので、壁ギリギリまで近づいて撮影を行うことが可能です。バストアップの撮影やテーブルでの物撮りなどで使われます。

アールホリゾントも直角ホリゾントも、どちらもそれぞれの良さがあることから、正面はアールホリゾントで他の1面が直角ホリゾントになっているような、ハイブリッドなスタジオも近年は増えています。

その他にも、壁が黒い黒ホリスタジオや、クロマキー用にグリーンやブルーに塗られているスタジオも存在します。

ホリゾントスタジオ使用時の注意点

ホリゾントスタジオ、特に白ホリスタジオは汚れや傷がつきやすいという弱点があります。

ホリゾントスタジオは、職人の手によって複数の工程を経て作り上げられます。

  1. 骨組みの組み立て
  2. ボードの組み立て
  3. 下塗り
  4. 樹脂・パテ塗り
  5. 乾燥
  6. 研磨
  7. 仕上げ

表面に塗れられているのはホリゾント専用の塗料です。メーカーによって異なりますが、

  • 塗料が伸びやすい
  • 耐水性がある
  • 塗り重ねても割れにくい
  • つや消しである

というような特徴があります。

先ほども述べたように、白ホリスタジオは汚れや傷がつきやすいです。例えば、尖った靴を履いていると、傷や割れが入ってしまいます。

白ホリスタジオを使用する際には、靴を綺麗に拭く、靴を脱ぐ、シートを敷く、やたらと白ホリ部分には入らないなど汚れや傷がつかないように注意を払いましょう。

とはいえ、どんなに気をつけていても白ホリはどんどん傷や汚れがついてしまうのでメンテナンスが必要です。パテ埋めや塗装、研磨などスタジオスタッフによって日々メンテナンスが行われています。

また使用する際に、特別白くて綺麗な白ホリで撮影したい場合には、スタジオにお願いすることで塗り直しをしてもらえます。

まとめ

ホリゾントスタジオは撮影スタジオの主流、王道と呼んでも差し支えのないものかと思います。撮影に特化した、真っ白で、光を作りやすいスタジオはカメラマンに無限の可能性を提供してくれます。

ホリゾントスタジオの基本や特徴をしっかりと理解して、みなさんの撮影で活用してみてください。

この記事を書いたひと

ほりもとはる
ほりもとはる

動画制作者。企業プロモーション動画や書籍紹介動画など、主にSNSで使用される動画制作を得意としている。オンラインサロンの『箕輪編集室』ではイベントのオープニング動画などを担当。
制作実績:LIXILモデルルーム紹介動画・書籍紹介動画(幻冬舎/ダイヤモンド社)・花王『PAF』PR動画など。

ホリゾントスタジオとは?知っておくべき基本と注意点について