【2021年】首都圏でコスパ最強のおすすめ白ホリスタジオ5選

レンタル撮影スタジオで最もポピュラーなスタジオタイプといえば、白ホリスタジオになりますが、そんな数ある白ホリスタジオのなかから、編集部がおすすめする「1時間5,000円以下で利用できるコスパ最強の白ホリスタジオ」をご紹介します。

白ホリスタジオとは

白ホリスタジオとは、白ホリゾントスタジオの略称です。
ホリゾントスタジオというのは、床と壁面のつなぎ目が緩やかな曲線でつながっているR構造の設備があるスタジオをいいます。そのなかでも、壁と床がつや消しの専用塗料で白く塗装されたスタジオのことを、白ホリゾントスタジオになります。

撮影スタジオのなかには、壁と床が曲面ではなく直角の状態の設備であったり、白のバック紙を設置することができることで、白ホリスタジオと記載しているところもありますが、この記事では、壁と床が曲面になっているR構造の白ホリスタジオに絞って、そのなかでもコスパのいいスタジオをご紹介いたします。

首都圏でコスパ最強のおすすめ白ホリスタジオ5選

STUDIO BORDERLESS

スタジオ利用料に機材レンタル料もコミコミで、川崎店は、1時間3,500円とコスパ最強の白ホリスタジオです。
1時間単位でも十分にコスパがいいのですが、1日最大料金が設定されているのも魅力です。最大料金が20,000円なので、営業時間をフルで借りれば、1時間1,429円という破格です。

横浜みなとみらい店も、川崎店同様、機材レンタル料もコミコミで、1時間5,000円です。
最大料金は30,000円なので、1日貸し切りで1時間2,142円という、こちらも驚きの価格です。

どちらの店舗も最低利用時間がないのも魅力です。

通販スタジオ

池袋にある白ホリスタジオで、コンパクトなスタジオながら、床と壁のR構造だけではなく、天井と壁のつなぎ目もR構造になっています。
価格は、平日8時間35,000円という料金設定なので、8時間の撮影で使う場合には、1時間4,375円で利用できます。ストロボやスタンドなどの常設機材も無料で利用できるのも魅力です。

レンズマン

スタジオ利用料は1時間3,850円・機材レンタル料は1時間1,100円ですので、1時間4,950円でProfoto製ストロボやスタンドなどのプロユース機材を利用して撮影することができます。
また、土日祝祭日には、6時間以上限定で、最初の6時間を26,400円で利用できるお得なパックなどもあります。

新宿・渋谷・青山・六本木・芝公園と、利便性の優れた都内で複数店舗を運営しています。

スタジオルミス

スタジオ利用料は1時間3,850円・機材レンタル料は1時間1,100円ですので、1時間4,950円でProfoto製ストロボやスタンドなどのプロユース機材を利用して撮影することができます。
また、8時間33,000円の深夜パックもあります。

店舗は、渋谷エリアに4店舗と青山エリアに2店舗の6店舗を運営しています。

サクラスタジオ

機材を持ち込んで撮影するようなケースを想定すると、スタジオ利用料 3,278円・電気料金 220円・照明/ストロボ持込料金 880円が必要になるので、1時間4,378円で利用できます。
機材をレンタルしたい場合には、コメット製ストロボや三脚などを必要なものを個別にレンタルすることができます。

東日本橋以外にも新宿エリアで4店舗を運営しています。