どっちがいいの?クリップオンストロボ vs 大型ストロボ!

堀 基晴ほりもとはる

多くの写真撮影では、照明機材として瞬間光を作り出す、ストロボが利用されます。

ストロボと言っても、いくつかの種類があり、様々な機種が存在しています。

種類ごとの選び方については、別の記事で紹介しています。ですが、そもそも、小型のストロボが向いているのか、大型のストロボが向いているのかをきちんと見極める必要があります。

今回は、小型のストロボであるクリップオンストロボと、大型ストロボを複数の視点から比較していこうと思います。

クリップオンストロボの特徴

クリップオンストロボは、カメラのホットシューの部分に乗せて利用する、小型のストロボです。

コンパクトであるために、持ち運びやすく、様々な場所での撮影で利用することができます。初心者の方が、最初に購入することの多い照明機材です。

機種によっては、LLTやハイスピードシンクロといった機能を備えており、発光量の調整などを自動で行ってくれる点も魅力です。また、サードパーティ製も多く存在し、機種が豊富である点も特徴の一つです。

  • 小型で持ち運びが簡単
  • 調光を楽に行える
  • 機種が豊富に存在する

大型ストロボの特徴

大型ストロボは、ライトスタンドを立てて使用する、ストロボです。発光部分(ヘッド)と蓄電部分(ジェネレーター)が一体となったモノブロックストロボと、ヘッドとジェネレーターが別々になっているジェネレータータイプの2種類が存在します。

タイプによっても異なりますが、比較的光量が大きく、チャージ時間が短い点が大型ストロボの特徴です。

  • 光量が大きい
  • チャージ時間が短い

クリップオン vs 大型ストロボ

では、小型のクリップオンストロボと、大型ストロボを、「光量・チャージ時間・電源・操作性・持ち運びやすさ・価格」の6つの点で比較していきましょう。

光量

クリップオンストロボ:○
大型ストロボ:◎

光量は、どちらのストロボでも、写真撮影で実用できる大きさを確保可能です。比較すると、クリップオンストロボよりも大型ストロボの方が、大きな光量です。

ですが、大型ストロボであるモノブロックストロボの機種によっては、クリップオンストロボの方が光量が大きいケースもあります。

光量に関しては、機種にもよりますが、大きな差が生じることはないでしょう。

チャージ時間

クリップオンストロボ:△
大型ストロボ:○

チャージ時間は、短い方が撮影をスムーズに行えます。ですので、チャージ時間の短い方が優れていると言えます。クリップオンストロボと大型ストロボを比較すると、大型ストロボの方がチャージ時間は短いです。

連続して撮影するケースを想定している場合は、クリップオンストロボよりも大型ストロボの方が優れていると言えるでしょう。

電源

クリップオンストロボ:◎
大型ストロボ:△

ストロボを駆動させる電源は、クリップオンストロボの場合は、乾電池やカメラのバッテリーであり、大型ストロボはAC電源や外部バッテリーです。

ジェネレータータイプなど大型ストロボでは、200Vの電圧でなければ使用できないタイプも存在します。その点、クリップオンストロボは乾電池で駆動するタイプが多く、簡単に使用できます。

電源の確保しやすさという点では、クリップオンストロボに分があります。

操作性

クリップオンストロボ:△
大型ストロボ:○

ストロボの操作性に関しては、ボタンやダイヤルが大きくて調整しやすい大型ストロボを○、ボタンが小さいクリップオンストロボを△としました。

ですが、クリップオンストロボの中には、自動で調整を行ってくれる機種もあり、自分で操作をしなければいけない機会は、大型ストロボに比べると少ないかもしれません。

こちらは、好みにもよる部分が大きいですが、上記のように判定させていただきました。

持ち運びやすさ

クリップオンストロボ:◎
大型ストロボ:✕

持ち運びやすさは、断然クリップオンストロボが優れています。カメラバックに複数本入れて持ち運ぶことができます。

大型ストロボは、基本的に持ち運びには向きません。ですが、多くのスタジオが照明機材を揃えているので、大型ストロボを持ち運ばなければいけない機会は、ほとんどないといっていいでしょう。

持ち運びやすさは、クリップオンストロボに勝敗が上がります。

価格

クリップオンストロボ:○
大型ストロボ:△

価格は、平均価格に関して、求めやすい安価な方を高評価としました。

基本的には、クリップオンストロボの方が、大型ストロボに比べて価格は安価であることが多いです。ですが、機種による部分が大きく、クリップオンストロボの中にも、大型ストロボより高価なものも存在します。

機能によって価格は変動しますが、クリップオンストロボですと、求めやすい価格から販売されています。

まとめ

クリップオンストロボと大型ストロボを6つの点で比較してみると、以下のようになりました。

クリップオンストロボ大型ストロボ
光量
チャージ時間
電源
操作性
持ち運びやすさ
価格

ストロボに求める機能は、みなさんそれぞれで違ってくるかと思います。今回比較した内容を、ストロボ選びの参考にしていただければと思います。

この記事を書いたひと

ほりもとはる
ほりもとはる

動画制作者。企業プロモーション動画や書籍紹介動画など、主にSNSで使用される動画制作を得意としている。オンラインサロンの『箕輪編集室』ではイベントのオープニング動画などを担当。
制作実績:LIXILモデルルーム紹介動画・書籍紹介動画(幻冬舎/ダイヤモンド社)・花王『PAF』PR動画など。

どっちがいいの?クリップオンストロボ vs 大型ストロボ!