持っているとすごく便利!レフ板選びのポイントについて

堀 基晴ほりもとはる

ライティングをコントロールするために、あると便利なアクセサリーがレフ板です。

自然光での撮影においても、照明機材を利用しての撮影においても、レフ板は活躍します。シンプルな作りかつ簡単な構造であるからこそ、うまく活用することができれば、ライティングのクオリティを1段も2段も上げてくれます。

今回は、レフ板の特徴と、レフ板を選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

そもそもレフ板とは

レフ板とは、撮影の際に用いられる、被写体に光を反射させる板のことです。照明機材の光や自然光をコントロールして、明るさを調整する照明補助器具です。

レフ板は、シンプルな作りであり、仕組みもレフ板に光を反射させるだけという簡単なものです。ですが、効果的に被写体を照らすことができ、撮影において大変重要な役割を果たします。

価格もお手頃なため、写真撮影を頻繁に行う方は、持っていてもよいアイテムのひとつです。

レフ板選びのポイント

レフ板は、様々なメーカーから多くの種類が販売されています。そんな、レフ板を選ぶ際には、次の3つのポイントをチェックするようにしましょう。

  • サイズ

それぞれ確認していきます。

サイズ

1つ目のポイントは、サイズです。レフ板のサイズによって、反射する光の性質が変わってきます

レフ板のサイズが小さければ、反射する光の範囲は小さくなり、スポットライトのような光を被写体に当てることができます。逆にレフ板のサイズが大きいと、反射する光の範囲も大きくなり、柔らかい光を被写体に当てることが可能となります

どんな光を被写体に当てたいのかを出発点にして、サイズを決めると良いでしょう。迷った場合には、被写体の倍くらいの大きさを参考に探すと良いかもしれません。

また、レフ板は、使用しない時には折りたたんで収納します。持ち運びやすさを考慮する上で、広げた際のサイズだけでなく、畳んだ時のサイズも確認しておくとよいでしょう。

2つ目のポイントは、レフ板の形です。レフ板には、「丸・三角・四角」の3つの形が存在します。

丸型は、手持ちで使用する際に使いやすい形状です。折りたたみがしやすい点も特徴です。

三角型は、小型で持ち手がついており、使い勝手の良さが特徴です。

四角方は、大型のものが多く、柔らかい光で被写体全体を照らすことができます。レフ板を固定するスタンドを立てて使用します。

形によって、使い勝手や反射する光に違いがあります。それぞれのタイプごとの特徴を踏まえて、形を決めるようにしましょう。

レフ板には反斜面の色にいくつかの種類があります。撮影場所の状況や、撮影のイメージによって、色を使い分けると良いでしょう。

特徴
ホワイト最もオーソドックス。
利用機会が多い。
シルバーよく利用される。
反射率が高く、光の弱い場所に適している。
ゴールド暖かい光を反射させる。
夕日の表現などに向いている。
ブラック光を反射させたくない場合に使用する。
影をより強調する。

まとめ

レフ板を利用することで、光のコントロールをより柔軟に行えるようになります。

シンプルな作りであるからこそ、使い方次第で、効果は様々です。

今回紹介した特徴を捉えた上で、ライティングに活用してみてください。

この記事を書いたひと

ほりもとはる
ほりもとはる

動画制作者。企業プロモーション動画や書籍紹介動画など、主にSNSで使用される動画制作を得意としている。オンラインサロンの『箕輪編集室』ではイベントのオープニング動画などを担当。
制作実績:LIXILモデルルーム紹介動画・書籍紹介動画(幻冬舎/ダイヤモンド社)・花王『PAF』PR動画など。

持っているとすごく便利!レフ板選びのポイントについて