この撮影には何を使う?写真撮影のおすすめ照明機材について

堀 基晴ほりもとはる

WHITEPANDAでは、これまで、写真撮影で利用される様々な照明機材についてご紹介してきました。

一口に照明機材と言っても、様々な種類が存在しており、適切に使い分けることが大切です。照明機材の使い分けをきちんと行い、しっかりとライティングを行うことで、写真のクオリティは大きく変わってきます。

そこで今回は、これまで紹介してきた内容も振り返りながら、機材ごとの特徴とおすすめの利用シーンをご紹介していきます。

光の種類

写真撮影で利用される光には、大きく分けて、自然光人工光の2種類が存在します。

自然光とは、太陽の光のことです。日中の撮影では、自然光を活用する機会があります。自然光と呼ばれるだけあって、写真に不自然さがなく、ナチュラルな仕上がりとなります。

対して人工光は、照明機材を用いて作り出した光です。太陽の出ている日中しか利用できない自然光に対し、人工光はいつでも安定して利用することができます。

一般的に、ハウススタジオでは自然光を利用する機会が多く、白ホリスタジオでは、人工光を利用する機会が多いです。

照明機材の種類

照明機材を用いて作り出す人工光にも、定常光瞬間光という種類が存在します。

定常光は、常に明かりを放ち続けるタイプの照明で、動画撮影で利用されることが多いです。安定して、一定の光で照らし続けることができ、初心者だけでなく、プロも活用しています。

瞬間光は、瞬間的に大きな光を放つタイプの照明で、写真撮影の照明として利用されます。瞬間的に大きな光で被写体を照らすことができ、写真撮影の現場では、必ずと言っていいほど利用されています。

機材ごとの特徴と利用シーン

写真撮影に利用される照明機材には、以下のような種類が存在します。

  • クリップオンストロボ
  • モノブロックストロボ
  • ジェネレータータイプのストロボ
  • HMI照明
  • LED照明

それぞれの機材の特徴と、利用シーンについて確認していきましょう。

クリップオンストロボ

クリップオンストロボは、カメラのホットシューの部分につけて利用するタイプのストロボで、瞬間光を作り出す照明機材のひとつです。

照明機材の中では、安価であり、小さくて軽いため、持ち運びも便利です。機種によっては、自動調整機能も備えられているため、初心者の方でも使いやすい機材です。

利用シーンとしては、様々な撮影に対応することができます。ですが、発光量が他の瞬間光の機材に比べて小さいため、クリップオンストロボだけでは、明るさとして不十分なケースも存在します。

モノブロックストロボ

モノブロックストロボは、発光部分(ヘッド)と蓄電部分(ジェネレーター)が一体となったストロボです。瞬間光を作り出す照明機材のひとつで、ライトスタンドを立てて使用します。

クリップオンストロボほどではありませんが、ヘッドとジェネレーターが一体となったコンパクトな作りで、持ち運びを行うことも可能です。コンパクトな割に、写真撮影における十分な明るさを確保することができ、家庭用電源で駆動するため使い勝手も良いのが特徴です。

利用シーンとしては、白ホリスタジオで行う撮影や、照明機材のないハウススタジオなどで行う撮影に向いています。バッテリーで駆動するタイプは、屋外での使用も可能です。

ジェネレータータイプのストロボ

ジェネレータータイプのストロボは、ヘッドとジェネレーターが別々となっているストロボで、瞬間光を作り出す照明機材のひとつです。

ジェネレータータイプのストロボは、瞬間光の機材の中で、最も大きな明かりを作り出すことができます。大型で価格も高価なため、個人で所有するよりは、スタジオなどでレンタルして利用する機会の多い機材です。

利用シーンとしては、白ホリスタジオで行う撮影で使用されることが多いです。チャージ時間が短く、連続してシャッターを切ることができますので、モデルを用いた動きのある撮影などに向いています。

HMI照明

HMI照明は、大型で非常に大きな光量を誇る、定常光を作り出す照明機材のひとつです。

機種によっては、ストロボの光量を上回るものもあり、持ち運びのできる太陽のような存在です。利用にあたって、光が安定するまでに時間がかかります。また、価格が非常に高価です。

利用シーンとしては、ドラマや映画など、プロの現場で利用されるケースがほとんどです。白ホリスタジオでは、レンタル機材の一種としてHMI照明を貸し出していることもあります。

LED照明

LED照明は、近年急速に利用されることが増えている、定常光を作り出す照明機材のひとつです。

寿命が長く、発光効率に優れているのが特徴です。また、小型で軽量であり、値段も安価なことから、個人で所有する人も多い照明機材です。

利用シーンとしては、主に動画の撮影で使われることが多いです。また、商品写真の撮影などに用いられることもあります。

まとめ

写真撮影のライティングには、自然光と人工光のいずれかを活用します。そして、人工光の中には、定常光と瞬間光の2種類があり、様々なシーンで使い分けられています。

照明機材の特徴によって、撮影内容の向き不向きが存在します。ぜひ、今回の内容を、利用する照明機材選びの参考にしてみてください。

この記事を書いたひと

ほりもとはる
ほりもとはる

動画制作者。企業プロモーション動画や書籍紹介動画など、主にSNSで使用される動画制作を得意としている。オンラインサロンの『箕輪編集室』ではイベントのオープニング動画などを担当。
制作実績:LIXILモデルルーム紹介動画・書籍紹介動画(幻冬舎/ダイヤモンド社)・花王『PAF』PR動画など。

この撮影には何を使う?写真撮影のおすすめ照明機材について