アンブレラの画像

ライティングで大活躍!写真撮影のアンブレラについて

堀 基晴ほりもとはる

大型のストロボを使用する際、照明を直接被写体に当てると、光が強すぎる場合や光の当たる範囲が狭い場合があります。

そんな時に、あると便利なアクセサリーがアンブレラです。アンブレラは、大型のストロボと共に利用する、アクセサリーです。

今回は、アンブレラの特徴について紹介していきます。

アンブレラとは

アンブレラとは、写真撮影の際に照明機材と共に利用されるアクセサリーです。形が傘にそっくりなことから、アンブレラと呼ばれています。

傘にそっくりの見た目ですが、種類がいくつもあり、撮影に応じて、アンブレラを使い分けることが大切になります。

傘にそっくりですが、撮影用のアンブレラには取手がついていません。普通の傘との一番の違いは、取手の有無かもしれません。

アンブレラの特徴

アンブレラには、以下のような特徴があります。

  • 光を拡散させる
  • 光を柔らかくする

それぞれ見ていきましょう。

光を拡散させる

アンブレラには、光を拡散させる効果があります。

冒頭でも紹介しましたが、撮影の際に、被写体に直接光を当ててしまうと、光の当たる範囲が狭い場合があります。より全体的に光を当てたい場合には、アンブレラを使用して、光を拡散させます。

アンブレラを使用して、光を拡散させることで、被写体全体を照らすことができます。

光を柔らかくする

光を拡散するにも通じている部分ですが、アンブレラを使用することで、光を柔らかくすることができます。

照明機材を直接当ててしまうと、光が強すぎる場合などに、アンブレラを使用して光を柔らかくします。

柔らかい光は、写真の雰囲気を優しくしたり、影を薄くしたりする効果があります。

アンブレラの選び方

アンブレラは、ネットで1,000〜3,000円と、購入しやすい金額で販売されています。

アンブレラを選ぶ際には、色・サイズ・深さの3つのポイントを確認すると良いでしょう。

アンブレラの反射面の色は、白、銀、透過の3つが代表的です。

白は、最も一般的なもので、反射する光が柔らかく、拡散させやすいという特徴があります。扱いやすく、初心者の方におすすめのタイプです。

銀は、白に比べると反射する光が硬く、コントラストを出す際や、色味の調整などで使用されます。

透過は、光が柔らかく、ぼんやりと広がっていくという特徴があります。照明機材の高さが低くても使用することができます。

サイズ

アンブレラのサイズは、30〜70cm程度の様々なサイズが存在します。

アンブレラのサイズが大きくなるほど、光が拡散する範囲が広がり、柔らかい光となります。ですが、アンブレラのサイズが大きくなるほど、光量は小さくなります。

使用する照明機材の光量の大きさも加味しながら、アンブレラのサイズを決定すると良いでしょう。

深さ

アンブレラには、大きく分けて、浅型と深型の2種類があります。

浅型は、広い範囲に光を届けることを得意としています

深型は、浅型に比べて均一に光を照射し、中心部がとても明るくなるという特徴があります

深さによる、光の雰囲気の違いも考慮するようにしましょう。

まとめ

アンブレラを使用することで、照明機材の光を広い範囲に届け、かつ光を柔らかくすることが可能となります。

色、サイズ、深さによって、光の雰囲気が変わってきますので、アンブレラを選ぶ際には、紹介したポイントを、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いたひと

ほりもとはる
ほりもとはる

動画制作者。企業プロモーション動画や書籍紹介動画など、主にSNSで使用される動画制作を得意としている。オンラインサロンの『箕輪編集室』ではイベントのオープニング動画などを担当。
制作実績:LIXILモデルルーム紹介動画・書籍紹介動画(幻冬舎/ダイヤモンド社)・花王『PAF』PR動画など。

ライティングで大活躍!写真撮影のアンブレラについて