3秒アンケート

サービス品質向上を目的としたアンケートです。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。あなたは以下のどれに該当しますか?

本アンケートは1度限り表示されますので、回答後は表示されません。

※ 本ページに掲載の画像は スタジオフェアリーガーデン 公式サイト より引用しております。

大阪天満橋のレンタルフォトスタジオ

スタジオフェアリーガーデン

大阪天満橋のレンタルフォトスタジオ

スタジオフェアリーガーデン

大阪府大阪市中央区石町2-2-20
大阪大阪市

大阪梅田から2駅の天満橋という好アクセス。自然光の入る大きな窓とレンガ調やウッド柄の壁の欧風スペースと、白ホリゾントのスペースの両方が使えるから、様々な撮影に利用可能です。

  • #洋風
  • #白ホリ
1,500円〜/1時間
スチール撮影1時間あたりの参考価格です。
日中料金
土日祝:2,500円/1時間
1,500円/1時間
9:00〜19:00
夜間料金
土日祝:2,000円/1時間
1,500円/1時間
19:00〜22:00
深夜料金A
土日祝:4,000円/1時間
3,000円/1時間
22:00〜24:00
深夜料金B
土日祝:6,000円/1時間
6,000円/1時間
24:00〜25:30
最低利用料金
土日祝:6,000円
4,000円
日中料金
土日祝:2,500円/1時間
1,500円/1時間
9:00〜19:00
夜間料金
土日祝:2,000円/1時間
1,500円/1時間
19:00〜22:00
深夜料金A
土日祝:4,000円/1時間
3,000円/1時間
22:00〜24:00
深夜料金B
土日祝:6,000円/1時間
6,000円/1時間
24:00〜25:30
最低利用料金
土日祝:6,000円
4,000円
7〜3日前:50%
前々日:70%
前日・当日:100%

基本情報

営業時間
9:00〜25:30
予約受付時間
面積
31㎡
天井高
2.4m
電力容量

設備

  • バック紙
  • メイクルーム

サービス

  • アシスタント手配
  • カメラマン手配
  • ストロボレンタル
  • 機材レンタル

間取り図

機材・備品

■無料 ・LEDライト×2台 ・レフ板×1枚 ・三脚×1台 ・脚立×1台 ・キャスター付メタルラック×1台 ・電源タップ×2本 ・白黒カポック(3×6判)×2セット ■有料 ・背景紙(幅2.7m):1,500円〜/1色 ・スモークマシン:1,000円/1台 ※上記以外の備品や機材等は公式サイトをご確認ください。

スタジオ情報

電話番号
06-7878-8914
FAX番号
メールアドレス
公式サイト
https://studio.fairy-shine.com/garden/
駐車場
なし(近隣のコインパーキングをご利用ください)
スタジオフェアリーガーデン
1,500円〜/1時間
スチール撮影1時間あたりの参考価格です。
日中料金
土日祝:2,500円/1時間
1,500円/1時間
9:00〜19:00
夜間料金
土日祝:2,000円/1時間
1,500円/1時間
19:00〜22:00
深夜料金A
土日祝:4,000円/1時間
3,000円/1時間
22:00〜24:00
深夜料金B
土日祝:6,000円/1時間
6,000円/1時間
24:00〜25:30
最低利用料金
土日祝:6,000円
4,000円
日中料金
土日祝:2,500円/1時間
1,500円/1時間
9:00〜19:00
夜間料金
土日祝:2,000円/1時間
1,500円/1時間
19:00〜22:00
深夜料金A
土日祝:4,000円/1時間
3,000円/1時間
22:00〜24:00
深夜料金B
土日祝:6,000円/1時間
6,000円/1時間
24:00〜25:30
最低利用料金
土日祝:6,000円
4,000円
7〜3日前:50%
前々日:70%
前日・当日:100%
QRコードをスキャンしてこのページをみる

所在地

〒540-0033 大阪府大阪市中央区石町2-2-20 近松ビル302号室
・地下鉄谷町線「天満橋駅」より徒歩5分 ・京阪本線「天満橋駅」より徒歩5分 ・JR東西線「大阪天満宮駅」より徒歩14分

スタジオフェアリーガーデン の運営者様・オーナー様へ

本ページの情報は、ユーザー等からの情報提供に基づき登録しています。
なお、無料オーナー登録を行うと、撮影スタジオの情報を編集することができます。詳細はこちらをご確認ください。

同じエリアのスタジオ

LUZZ STUDIO
大阪大阪市

LUZZ STUDIO

白壁・白床の真っ白な部屋で基本的にどんな撮影にも適している白ホリゾントのWHITEROOMと、黒壁・黒床の真っ黒な部屋で背景から光が反射しづらく光の陰影が強く出せる黒ホリゾントのBLACKROOMがあります。レンタル備品のグリーンバック紙を使えば、クロマキー撮影も可能です。

ロケ弁をさがす
くるめし弁当
  • ※ 本資料の情報は、ホワイトパンダに掲載されている情報の一部を抽出したものなります。
  • ※ 情報の正確性については、正確かつ最新の情報であるよう努めておりますが、必ずしも正確性を保証することができません。撮影スタジオをご利用の際は必ず事前に直接ご連絡ください。