マーケティングのフレームワーク「3C」で考える撮影スタジオ

3C分析とは

3C分析とは「Customer(市場・顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」という3つのCについて分析をおこない戦略を考えるマーケティングのフレームワークのひとつです。

市場の関係性を理解し、事業計画やマーケティング戦略を決定する際によく使われるフレームワークになります。

分析対象は、自社ではコントロールできない外部環境と、自社でコントロールできる内部環境に大別するころができます。このうち、3C分析では、外部環境として「顧客」と「競合」、内部環境として「自社」を分析対象とします。

3Cの分析方法

市場・顧客(Customer)の分析

昨今のマーケティングは顧客視点から分析することが、3C分析でも、まず最初に分析をおこなう対象は「市場・顧客」になります。

なぜなら、市場や顧客をわからないままだと、自社の強みや弱みを評価することが難しいためです。

市場や顧客の分析では、マクロ分析とミクロ分析の2つの分析をおこなうことで、より効果的な分析ができるようになります。

マクロ分析は、景気の変動や法律の改正、人口やトレンドの変動などの社会的な変化を見つけ出すためにおこなう巨視的観点からの分析で、PEST分析というフレームワークでおこないます。

これらの外部要素は、ある企業にとっては機会になりますが、一方で別の企業にとっては脅威ともなるものです。そして、自社の努力でどうにかできるものではない要素になります。

もうひとつがミクロ分析でし。微視的分析ともいわれ、業界の構造変化などが自社にあたえる影響を分析します。業界内での競争環境や関係性を把握することで、自社のビジネスを取り巻く脅威を明らかにして、先行きを見通しやすくなります。

このミクロ分析では、5フォース分析といわれるフレームワークがよく用いられます。

競合(Competitor)の分析

競合の分析では、売上や社員数、市場シェアをはじめとする競合の状況や、競合の製品やサービスの強み・弱みを分析し、市場の変化にどのように対応しているのかを把握することが大きな目的です。

そして、競合他社の分析をおこなう際には「結果」と「要因」の2つに着目していきます。

「結果」は、競合企業の売上、利益率、市場シェア、顧客数などの成果で、公表されていない情報を多いですが、少しでも多くの情報を得られるよう情報収集をおこないます。

また、企業の資本がどれくらい効率的に使用されているのかを把握するために、社員あたりの売上や顧客単価などを調べることも重要です。

「要因」はそれらの結果がどのようにして得られたのか知ることです。新製品の開発や販売ルート、営業方法、製造工程、顧客サポートなど、さまざまな側面から、自社に取り入れることでできる仕組みなどがないかを明らかにし、「結果」をだすためのポイントをみつけていきます。

自社の分析

ここまでの市場や顧客の分析と競合の分析をもとにして、自社の経営資源をどう使っていくのかを分析していきます。

市場や顧客の変化や、その変化に対して競合がどういった動きをしているのかを、自社と比較していきます。経営資源、売上高、市場シェア、収益性、販路、技術力、組織力などあらゆるポイントで多角的に比較し、自社の強みと弱みを把握していきます。

これには、SWOT分析というフレームワークをつかうのがおすすめです。

撮影スタジオにおける3C分析

ここでは、1時間あたりの利用料を相場より安く設定している50平米未満の白ホリゾントスタジオを具体例にとして、3C分析で考えてみます。

市場・顧客の分析

写真を撮るという行動は、携帯電話へカメラが搭載されて以降、急激に伸びました。誰もが、簡単に写真を撮影できるようになった一方で、ミラーレスの高機能化などの要因でカメラ利用のユーザーもさほど減っていないのではないかと思います。

撮影スタジオを利用する顧客層は、コンシューマ(個人ユーザー)よりは、企業での利用のほうが多いのではないかと推測しています。

例えば、雑誌などのメディア撮影や、商品カタログ用の撮影などです。

競合の分析

撮影スタジオは、カフェやレストランのように全国展開しているような規模の競合はほとんどありません。

スタジオアリスやスタジオマリオはいずれも店舗数が400店舗以上の規模ですが、業態がレンタル撮影スタジオとは異なるので、分析対象としては必ずしもふさわしくはないように思います。

自社の分析

強みは、50平米以下というコンパクトさです。自社でスタジオスペースを持たない中規模のアパレル企業にとっては、大きなスタジオにかける予算はなく、小さめのスタジオでたくさんの商品を撮りたいというニーズに応えられます。

弱みは、規模が小さいゆえに知名度が低く、新規顧客の集客が難しいことです。路面店舗のように一見さんがふらっと入店してくれる業態ではありませんから、顧客層へのアプローチ方法が考える必要があります。

この記事を書いたひと

児島大
児島大

株式会社296 代表取締役。Webサイト制作や動画制作などの会社しています。実は元パティシェという異色の経歴。

マーケティングのフレームワーク「3C」で考える撮影スタジオ